打合せでした。

 11月に夏日が全国的に広がってビックリですね。長崎への修学旅行も「暑かった」の一言でした。(笑)今日は久しぶりに秋雨の何とも秋らしい~空気で嬉しいですね。

今日は夕方から大工さんの奥様がお見えになっての打合せ。さすが門前の小僧で、事前に送信されてきた平面図はすっきりとわかりやすく簡潔です。ただ天井高や壁面の収まりを確認されている、という感じです。うちはご希望の平面図をソフトで描くという内容ですが・・・本当に補助です。

 やはりご主人が大工さんですから、通し柱や柱のピッチなんかも理解されているのでスムーズな話でした。

平面図で難しいのは階段とトイレの場所や動線。皆さん部屋の面積を確保したいので、階段なども法の中ギリギリまで面積を削ってきますが「危ないですよ」と説明すると「そうね」・・・いいですね~。玄関などの面積も削りたがりますが、自分の考えよりも気持ち大きくすることがコツかもと考えています。

うちみたいに一見「無駄?」と思える、部屋みたいな玄関ですが、将来車椅子やベビーカーを保管するには便利ですし急なお客様が来ても、そこでお話をして中の部屋には入らずに済むので本当に重宝しています。洋の東西を問わず、商売関係者の玄関が広めなのは、そういった事も関係しているかも知れません。

 さて現在、嬉しい事に、小社で「板倉の家」をご希望されているお客様がいらっしゃいますが、敷地に関して「立会いをしたくないから、立会いはしない」と近隣の方に言われてしまいました。地球規模で衛星のポイントなどを使用して地図を作る!という関係から、新築などは敷地の確定は必要なんです。

最終的には役所の立会いで行うことになると思いますが、そうなると時間的な問題も起こってきますし、県と市とが絡んでいる道路があるので、色々と難しい問題もあるみたいです。役所の指導を受けている最中ですが、結論が出るまで予想よりも時間がかかりそうです。

こればっかりは・・・・仕方が無いですね。

さて、話は変わりますが、息子がカステラを買ってきてくれました。昔ながらの砂糖が焦げた紙が懐かしい感じです。「やっぱり居たよ」というのは、本物のカステラを試食させて、その実「カステラ風蒸しパン」を売る行商の方々。1つ600円、修学旅行生なら2つで1000円。
「言われた通りにあからさまに怪しかった」と笑っていました。

2日目のお昼は自由行動でクループで探して食べるという事で長崎ちゃんぽんの店を探したそうですが、なんとなく長崎ちゃんぽん・・・風?みたいな、町の中華屋さんで食べたそうですが「600円だったからかな?まあまあ美味しかったけれど、何故かみんなで無言になっちゃった。」と・・・カメラも、持参したみんなのカメラに悪たれ坊主達がいたずらをして、馬鹿馬鹿しい写真ばかり・・・でも、まあ楽しかったみたいです。



 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント