武田先生の講義

 ちょっと書類が溜まっていたので、なかなかと更新出来ませんでした。

まずは、放射能の話から・・・中部大学の武田先生の講義を受けてきました。
画像

正直に、テレビでは聴けない話でした。とても面白かったと同時にそら恐ろしい内容でもありました。実際にお話をお聞きするまで、正直に原爆と比べたら大したことは無いと嵩を括っていました。でも今回の被爆が8京ベクレルという説明を受けて「何で東電も内閣も隠したのか?」という静かな怒りが湧きました。

今までも多少の事故はあったそうですが、300億㏃÷1億人で計算すると、人体にそんなに影響がない数値だったので、発表されたりしなかったり、発表されても気にするレベルでは無いとの事です。

またこの地方が助かっているのは、多分東京の高層ビルで殆どが下(地面)に落ちたと推測できるからだそうです。しかし、大気は繋がっているし、葉物は影響を受けやすいから静岡のお茶などに影響が出た・・・そうです。来年は大丈夫みたいです。

これからの環境で失敗するであろう中に「太陽光パネル」も入っているそうですが、これも答えが出るのは30年とか40年経ってからと思う、との事です。

住宅に関しては、やはり「放射能の影響」を心配される方も何軒か問い合わせがあったそうですが「年間1シーベルトを超えたら建て直し」という文章を付けてくれという事もあったそうです。但し、現在売られている安い測定器では信頼性は低く、きちんと施主さんが計測するのであれば50~60万円もする高額な機械でないと判断がつかないそうです。

まだまだ濃い内容の話があって、やはりここでは問題になってしまいます。木材に関しては「葉」に一番影響があるという事で、中を使用する木材は基本的に大丈夫だと思う。という事ですが、葉枯らしで葉を落としてしまい、自然に水分を抜くTSDのやり方は意に叶っているんだと思います。

クラ君に講義を受けた感想を問うと「良かった。本当に色々と勉強になった」と話してくれました。今回は名東支部にお邪魔しましたが、西支部でも行いたいという事でした。(企画の役員も大変です)

画像
こちらはいつもの模型の様子ですね。通り土間から店舗への繋がりをイメージして頂くために「やっぱり作ろう!」とお昼ご飯の後に作り始めて、無事にお客様にお見せできました。

今日はお世話になっている所の大工さんが自分の家を建てるという事で、間取り図のお手伝いで打ち合わせです。
PCでの図面が書けないだけで、住宅のプロですから補助程度のお手伝いになりますね。

最後は固い話が多かったので久しぶりのクルミさんです。片付けようとした夏布団にモコモコ~と潜って昼寝していました。可哀相でついつい片付けは後回し・・・(笑)です。
画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント