毎日更新 クラ設計|名古屋市 西区|業務日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 耐震偽装裁判

<<   作成日時 : 2010/10/30 15:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

・・・・台風は・・・あれ?・・・という感じで全く影響がありませんでした。今日は車のリコールだったので、昨夜は「車を取りに来るって言っていたけれど、出来るのかな?」と心配していましたが、普通の雨が降っただけでした。

 さて昨夜はニュースで、センターインホテルの「耐震偽装」裁判の判決が出ました。

もう普通の方々には記憶も薄れているらしいですが、この業界では忘れられない内容です。私(嫁)は建築士ではありませんが、当時の困惑し、混乱した事などは昨日の事のようです。

8億というとてつもない借金。自宅を売却してまで、従業員の給与や裁判費用を捻出した中川社長の「敗訴です」という一言はとても切ない声でした。「何故行政を相手に裁判を行うと負けるのか?」という言葉が真実を感じさせます。

確認申請など受理する側に問題が無い。と司法が判断するのであれば、何故国は法律を厳しくしたのでしょうか?あの後、どれ位の倒産を招いて、実際建築費も高騰した原因となっています。構造計算も手間が増えて価格が上がった事、申請が下りるまで時間を要し、その間に掛かる目に見えない金額。

少なくとも、責任を感じて不幸な結果をむかえた方もいます。

元お医者さんや、元弁護士さんという国会議員はいらっしゃいますが、元建築士という国会議員はいません。嫁の記憶の限りでは・・・・そう考えると、この業界は意外とストイックではあります。(オタクとも言うが・・・)

加えて、役所への支払い以外は原価が殆ど掛からないけれど、裏を返せば仕事の手間の割りに利益の少ない業界でもあります。お医者さんのように有難い存在でなく、弁護士さんみたいに頼りたいという存在でもありません。

でも建築には欠かせない存在であります。でも直接、私たちのドアを叩く方は少なく、多くは工務店さんからの仕事をこなしている方が多い事も事実です。

今回の裁判でコンサル会社の責任を裁判所は認めましたが、本当に行政に全く責任がないのかと言えば、私(嫁)のような素人でも「?」と思います。

殆どの設計士が、住んでいる場所で地道に活動をしている事が実情です。世界的に活躍するのは万が一の人です。それでも地道に仕事をしているのは、好きでやっているのです。そんな草の根のような存在である業界ですが、国の法律を厳しくしたのであれば、業界全体の信頼を取り戻せる判断がなされても良かったと思います。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
耐震偽装裁判 毎日更新 クラ設計|名古屋市 西区|業務日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる