破産申告で・・・

 先日から東海地方で大型倒産のニュースが続いていますが、方や民事再生法で何とか契約者を救おうとし、方やいきなり破産申請。ま、前々から良い噂は聞かない会社だったんですが、本当に酷いな・・・と・・・

大手の割には完成保証保険がついていなかったそうですが、何よりビックリしたのは「棟上の時点で7割の支払い」でした。棟上ですよ?上棟ですよ?聞くところによると、地鎮祭の時点で結構な金額を支払う?って銀行ってそんな風に融資してくれるのでしょうか?つなぎ融資にしたって、躯体がない状態の7割は乱暴です。

 設計は建物(この場合一般住宅のみ、工場やマンションは計算方法が違います)に対して約10~15%の間が多いのですが、構造計算代金などが含まれるのでこれ以下ですと、実際にやっていけませ。ガソリンや色々な諸経費もですが、建築に比べお客様に対応している時間が長いのです。大体経費を抜くと、1ヶ月20~30万位で拘束されている計算となります。

これ以下で行っているのは、余程の薄利多売か(難しいけれど)監理で現場に足を運ぶ回数が少ないか?最終クヲリテイーはどうなっても良いと考えているのか?その程度なんですが・・・

また、この建物に対しての1割程度で本設計が終わった時点で請求しても契約の60~70%です。残りの3割から4割は着工から最終金までに頂きます。

設計みたいに着工前に仕事が終了するのでもなく、棟上前に7割は異常です。誰も疑問に思わなかったのか?やはりHMはそういった説明に強いのか?着工時に1割。棟上後に建築費の4割までなら話も解ります。大体は基礎と柱にお金を費やすんですから、それを立て替える建築会社も大変なので・・・

 聞けば聞くほど、この会社の集金力に驚きます。また破産ですから、管財人が様々なことを決定するまで工事はストップ、引渡しがされていないとか自分の土地だけれどもうすぐ竣工の場合は、登記も勝手に行えません。事態を重く見た国が何かしら相談窓口を設けたみたいですが、いいですか!最終、国は「こうしたら?」以外の話だけで何も動いてくれません。

苦しいけれど、こういう時は自分だけが頼りです。被害者の会に入って情報交換しても、自分が助かったらさっさと逃げてしまう人に腹を立てるのであれば最初からあてにしない事が一番です。

 このHMでもうすぐ引渡しだった方。大変でしょうか、くじけないでください。苦しいときは、まず自分に負けそうになりますが、そうなると前には進みませんし、問題解決が遅れるだけです。

こういった厳しい時は、悔しいでしょうが「淡々とこなす」事が早く問題を解決できるコツです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント