新築(工事中)見学会のご案内

僕が木こりの家~美濃路の町屋。「押し壁」建築工事見学については左のブログからお入り下さい。
画像
現在は、壁を支えるために柱を仮止めしてあります。

板倉造りも今月の中過ぎに日付を設定して建前を行います。こちらも見学希望を受け付けておりますので、工法として目にした事がないという方、建築を考えられている方の多くの方の御参加を受け付けております。

但し、当日の営業は行いません。改めてご依頼という事でしたら、連絡を教えて頂ければ後日改めてお電話させて頂きます。(当日は監理がありますので)

画像
昨日は西枇杷島のお祭りへ出かけていました。本当は土曜の花火が見たかったのですが、お客様との打ち合わせや、息子が大きくなって「僕はいいよ」って親離れしたので来年からは夫婦2人で見ることにしました。恒例の「からくり山車」も威勢の良い声と共に山車轢きが行われ、感心したのは山車の中で祭囃子の笛を吹いているのは子供が多かったことですね。

 しかし、こういった祭りの中にいても「通り魔」みたいなものが現れるかもしれないと考えると怖いですね。秋葉原の事件や北名古屋市で女子中学生が切りつけられた事件。先日の「子供にバカにされたと思った」と車で突っ込んで来た事をみると、子供たちに何を信じろと教えればいいのでしょうか?「いやー、道路を歩くのは止めなさい」と教えるしかないのでしょうか?フランスやアメリカみたいに、親同伴でないと外出もままならない世の中になったのであれば、とても悲しいし親の負担も大変です。「まだ、現実を受け止めれない」とコメントされていた親御さんもいましたが、本当に心からお悔やみを申し上げます。本当に自分だけ死んで欲しい。他人に迷惑を掛けないで下さい。

20年くらい前に、ニューヨークのワシントンスクエアーに車で突っ込んでやっぱり7人くらい亡くなった事件がありました。場所はNY大学の横でしたし、(賭け)チェスなども行われていて、とってものどかな風景なんです。そこへ、車が突っ込んだ!私の友人もスレスレで生き残って、丁度その事件の1週間後に私が渡米したのですが「怖かった~」と。アメリカですからね、車から降りた犯人は拳銃で発砲して自分のこめかみに当てて自殺しました。翌日すぐに、車が乗り入れられないように、人の通行を邪魔しないように柵が立てられました。アメリカは対応が早いですね・・・騎馬隊ポリスも目に付いていました。

 北島選手が世界新を出したニュースの取り扱いが小さくなって残念です。





この記事へのコメント