プラ木レン

画像
これ?何の事だと思います?写真に写っている、コンクリートに並んだものです。コンクリートに直張りで床をはると当然、暑さ寒さを感じますので、これの上に床材の下地を貼って、床材を貼ります。コンクリートの上に、ボンドを付け、そこにプラ木レンをくっつけます。プラ木レンとは「プラスチックと木が連結したもの」です。凄い単純ななまえでしょ?来週には床を貼り終え、養生シートが貼られます。M村様の家は着々とですね。

 さて、最近妻がコンクリートの打ちっぱなしの住宅相談を受けています。今日、お昼に申請を出したマンションの業者さんと、別件のリフォーム希望の学校の打ち合わせを行っていたのですが、妻からその方に今の大体の値段を聞いたところ!!!以前より坪10万位上がっていました。
 鉄骨や耐震の構造計算、他の建材など昨年から随分と値上がっているので「もしかしたら坪100万から110万かも知れない」という説明を受けました。キッチンなどの水周り品も各社今年から一斉に5%値上げしていますので、ある程度は予測していましたが、外構、その他税金など含めて80坪の住宅で1億位は行きそうです。妻も「はーーー」とため息をついていました。型枠の大工料金も景気復活と共に随分上がっているそうです。打ちっぱなしの住宅は、入札以外の方法で金額の落としようが無いのが難点です。うん、頑張ってあげないと、すごい金額になってしまう。

夕方からはM宮様の業者さんと3時間打ち合わせを・・・そうこうする内に、娘がスケートから帰ってきました。「明日、雪降るの・寒そうだなー・・・やだなー」って・・・今、氷の世界から帰って来た所でしょう?スケートならいいのか?スケートの日は、ご飯も8時からなので娘はクタクタです。子供も大変だ~

この記事へのコメント